私とヨガ

私が初めてヨガと出会ったのは心理療法の一環としてのヨガでした。身体と心は深くつながっており身体がほぐれると自然と心もほぐれてくるをコンセプトにして心理療法士の方が指導してくださいました。半年は続けて家でも眠る前にヨガを行うのが習慣となりずいぶん、私の身体は柔らかくなりました。そしてヨガを行って眠らないと気持ちが悪いまでになったのです。
そこからヨガの魅力に引き込まれた私は各ヨガスタジオやスポーツクラブでのスタジオレッスンとししてのヨガをするようになりました。ヒーリング音楽と明りを落としたスタジオにアロマの香りが私を癒してくれてヨガの呼吸法や動きが緊張と弛緩を呼び自然と深いリラックスへといざなってくれたのです。スタジオでは普段、考えられないようなことも起こりました。最後の
屍のポーズでリラックスしていんすとらくたーの導きで私は深い眠りへと誘導されていき知らない間にうとうとしてしまったのです。こんなことは普段の私からはとうてい考えられないことです。そこからますますヨガにはまって行った私は今度、インストラクターの資格取得に挑戦しようかとまで考えています。強度さえ気をつければ他の運動と違って年を取ってもそれなりに楽しめるのもヨガのよいところです。
トップに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ